【トップバリュ カップ麺】トップバリュのカップ焼きそばはモチモチ麺が美味しい!

インスタント

北海道在住イオン大好き主婦karaageです。北海道民の中で、カップ焼きそばと言えば、ペヤングでもUFOでもなく【きそば弁当】しかありません。

イオン・トップバリュ大好き主婦のkaraageと言えど、やはりカップ焼きそばは、やきそば弁当1択なのです。そこで今回は、トップバリュのカップ焼きそばと、道民のソウルフード焼きそば弁当と比較して詳しくレビューしていきます。

トップバリュ カップ焼きそば は
  • どちらももちもち麺が特徴的
  • 味はソース味は濃いめの味、塩味は旨味があって丁度よい塩味
  • いつでも特売価格なのが嬉しい
  • 北海道民としてはやはり【やきそば弁当(ソース味)】が一番美味しい

トップバリュ 香ばしソースの焼きそば 95円 558kcal

トップバリュの焼きそば95円に対して、やきそば弁当は105円でした。私の行くスーパーではいつもだいたい、やきそば弁当はこの価格です。価格ではトップバリュの焼きそばの勝ちですね。

内容量

左がトップバリュ焼きそば・右がやきそば弁当

トップバリュの焼きそばは内容量129gで、その内麺が100gです。対してやきそば弁当は内容量132gで、同じく麺は100gです。

トップバリュのかやくは麺の下にすでに入っています。麺をどけてみると、細かい肉とキャベツが入っています。一方やきそば弁当のかやくは、コロコロのお肉とキャベツです。具材の大きさは、やきそば弁当の勝ちです!

左がトップバリュ焼きそば・右がやきそば弁当

トップバリュの焼きそばは濃いソース味で、麺が太めのもちもちで、ごつ盛りや一平ちゃんに近い味わいです。一方やきそば弁当は出汁が効いたソース味で、麺は少し細めのカップ麺独特のモソモソで、道民以外の人にも1度は食べてほしい、病みつきで飽きのこない味わいです。

濃いめのソース味の焼きそばが好きな人には、トップバリュの焼きそばは自信を持ってオススメできる味です!

トップバリュ ネギの香ばしさの塩焼きそば 95円 510kcal

トップバリュのカップ焼きそばに、塩焼きそばもあったので、こちらもやきそば弁当のねぎ塩味と比べてみました。正直私は、新発売・期間限定の味に良い思い出がなく、カップ焼きそば基本的にソース味しか買いません。

内容量

左がトップバリュ塩焼きそば・右がやきそば弁当ねぎ塩味

トップバリュ塩焼きそばは内容量が115gで、その内麺が90gです。やきそば弁当ねぎ塩味も内容量115g、その内麺が90gです。ソース焼きそばと違って内容量がどちらも同じです。

やきそば弁当ねぎ塩味の方のかやくは、ネギは入っていますがお肉はほとんどありません。トップバリュ塩焼きそばのかやくは、ソースと同じく細かいキャベツと肉です。

左がトップバリュ塩焼きそば・右がやきそば弁当ねぎ塩味

味はやきそば弁当ねぎ塩味の方が塩味が強く、少ししょっぱいと感じました。トップバリュの方がしょっぱいだけでなく、旨味もあって美味しかったです。

麺もトップバリュの方がもちもちで、ラーメンの様な食感で、塩焼きそばにはとっても合っていました。やきそば弁当はソース味のと同じモソモソ麺で、塩焼きそばにはあまり合わないと感じました。

トップバリュ ソース焼きそば 塩やきそば まとめ

カップ焼きそばのソース味は、北海道民としてはやはり、東洋水産マルちゃんのやきそば弁当に限ります!ですが、ごつ盛りや一平ちゃんが好きな人には、割安で濃い目のソースともちもち麺の、トップバリュ香ばしソースの焼きそばはオススメです!

塩焼きそばは、旨味が強く、塩味にモチモチ麺が合っていて、トップバリュネギの香ばしさの塩焼きそばは一度試してみてほしい味です!私的には、やきそば弁当ねぎ塩味よりも、トップバリュネギの香ばしさの塩焼きそばの方が美味しかったです。

オススメ度★★★☆☆

コメント